未分類

臨床法務と予防法務の徹底

企業法務といえば通常、臨床法務と呼ばれる業務をこなす事が中心でした。臨床法務は治療・裁判法務と呼ばれ企業内で起こった問題を解決するという仕事です。
しかし昨今は臨床法務に加えて、予防法務の重要性が高まっています。企業が新たに企業法務の雇用を考える理由には、この予防法務を行う事が出来る人材確保という事で、募集する事が多いのです。

予防法務とは何かというと、問題が起こらないように予防的措置を取るという事です。企業ではコンプライアンス教育の不備などから従業員、また経営・役員サイドが法的トラブルを起こす事例も多くなっています。
こうした企業における内外の不祥事が起きた場合、企業は培ってきた信頼をなくし、最悪の場合、倒産にまで追い込まれてしまう事もあります。問題が起こる前に、その問題についてのリスクを企業全体で把握し、問題を出来る限り起こさない努力が必要となります。その中心となるのが企業法務です。

また最近では経営に関して何かの重要な意思決定を行う際、法律の知識を持った企業法務に意見を求めるという事も多くなっています。
企業経営の本管に関わる事も少なくないため、企業法務の仕事は企業戦略という分野にまで広がりを見せているのです。こうした業務をしっかり行うためにも、法的知識は企業法務の必須知識となります。

未分類

経営とコンプライアンスへの介入

企業法務は企業が業務を行っていく際、欠かせない仕事をこなします。
例えば株式会社の場合、定期的に株主総会を行う義務がありますし、取締役会などもあります。この株主総会や取締役会を滞りなく運営する事も企業法務の仕事です。そのため、株式に関わる知識を持っておくことも必要ですし、企業がこの先業務の変更や追加があるという場合、定款を変更する準備もしなければなりません。
こうした組織に関する法務にも法的知識を持っていることが重要です。

また企業に属している経営者、役員、従業員すべてがコンプライアンス、つまり法令順守について把握しておかなければなりません。
しかしコンプライアンスに対するリテラシー(理解・解釈・分析など)がない、乏しいという人も多く、このことが企業の経営を揺るがす大問題となる事も少なくありません。

そのため最近の企業法務の仕事として、コンプライアンス教育の徹底を行う事と、新しく雇用する従業員に熟読してもらうマニュアルを作成する等の仕事も非常に多くなっています。
時に法律相談の窓口となり、従業員から相談を受けるという事もあります。こうした業務に関しても法律の知識がなければ対応できません。企業法務にとって法律の知識は業務の主軸となるものなのです。

未分類

契約や取引に関して

企業法務に必須な知識として法律の知識があります。
企業法務の募集を見てみると、よく、法律の専門的知識がある事とか、弁護士資格保持者優遇などを見ることがあります。企業内で起こる諸問題について素早く法的知識を活かし解決する、また予防する、さらに法律の知識を駆使し、どのような方向性で進んでいくべきなのかなども考えていかなければならないことがありますので、法律に関する知識は必須なのです。

企業法務の仕事の中に、契約や取引に関する業務があります。
企業が取引先や顧客と何かの契約を結ぶ際、契約書が必要となります。また仕事を外部に発注する際には業務委託書類が必要となりますし、従業員を雇用する際には秘密保持契約などを交わすこともあります。
これらの書類の作成、不備がないかのチェックは企業法務の仕事です。

契約書類には記載しておくべき必須事項がありますので、それが漏れていることで取引先との見解の違いで大きなトラブルになる事も多いです。こうしたことを避けるため、法の隙間なく、確固たる契約書に作り上げていく必要がありますし、すでに出来上がっている契約書も、内容に不備や付け込まれることがないかどうか、確認しなければなりません。

法律の知識がないと契約書類、取引などに関して支障が生じることもあるのです。そのため、企業法務は法的知識を持っていなければ勤まりません。

未分類

企業法務は複雑化している

就職転職情報サイトなどで企業法務という募集があります。月収も他業種より高く、魅力を感じている方も少なくないと思いますが、企業法務という仕事はどのような仕事なのかわからないという方も多いです。

企業法務は法律が関係する仕事であり、また総務、一般事務などの業務にもたけている必要があります。企業の経理に関する知識を持っていることも求められます。つまり、会社の活動に関わってくる法的な業務を適切に対処する仕事です。
企業法務の仕事はその企業がどのような業務を行っているか、どのような業種なのかによっても違いがありますが、大きく分けると契約や取引に関する事、組織に関する事、コンプライアンスに関する事、さらに取引先や顧客との間に出てくる紛争に関する事に分けることができます。

大きく4つの業務内容に分けることができますが、その他にも企業の業態によって法的な対応をしなければならないので、業務に関する知識、経理に関する知識、さらに法律に関する専門的知識を持っていないとこなせない仕事といえます。

また近年これまでに主流だった臨床法務とは別に、企業で起こる内外の問題を予防するための予防法務に力を入れる必要も出てきています。日本社会はグローバル化が進んでいますので、企業法務として企業の経営分野にも参加していくことが求められるため、企業法務の業務はより複雑化しているとも考えられます。

当サイトは企業法務で働きたいという方、また転職したいという方に、企業法務という仕事を詳しく紹介します。皆様のお役にたてるサイトになれば幸いです。